VagrantでMongoDBをプロビジョニングする

以前、VagrantのプロビジョニングでMySQLサーバを構築するという記事を書きましたが、 今回は、MongoDBをプロビジョニングする方法についてメモを残しておきます。


環境

ホストはUbuntu16.04で、Vagrantは1.8.5。

ゲストもUbuntu16.04で、MongoDBは3.4.2。

プロビジョニング用スクリプトとVagrantfile

あまり説明を詳細に書くようなこともないので、Gistを貼っておく。

注意点

↑のスクリプトでは、mongo.confの編集を行っていないため、MongoDBは127.0.0.1にバインドされ、 localhostからの接続のみ受け付けるようになる。

どこからでもアクセスできるようにするには、mongo.confbind_ipを変更する必要がある。


これでVagrantにMongoDBサーバを構築できました。